キャラバンは進む

シンプリストの暮らしのあれこれ

WELEDAのハンドクリームに出会ってハンドクリームをちゃんと塗れるようになった話

f:id:yyy_note:20201209135251j:image

ハンドクリームを塗ることを習慣化しようと思って毎年購入するものの、できず。毎年処分してしまっていました。

 

本腰を入れるきっかけになったのは、昨年手にウイルス性のイボができたこと。

皮膚科に通ったものの、1回ぶり返してしまい完治までに7回も通うはめに。

小さい傷からウイルスが侵入すると、ウイルスに感染した細胞の分裂が盛んになり、増殖して塊となります。これがいぼ(イボ)の正体です。

 

乾燥により、肌のバリア機能(※)が低下することで、手に傷ができやすくなります。乾燥から守るために、ハンドクリームでこまめに保湿を行うことが大切です。

クラシエ

予防のために今年こそハンドクリームを塗るぞ!と気合が入る。

 

私はそもそも顔以外にテクスチャーの重いものを塗るのが非常に苦手。

苦手だから習慣化できない。

あと塗った後にスマホやキーボードが指紋だらけになるのが苦手で、寝る前以外にタイミングが掴めない。

この2つが習慣化できない大きな理由だった。

 

まずは苦手なことを認めて、ハンドクリームが苦手な人でも塗れるハンドクリームを探そう!と[ハンドクリーム 嫌い おすすめ]で検索。

 

そこで個人のブログでハンドクリーム嫌いの方がおすすめされていたのがWELEDAざくろ ハンドクリームだった。

 

WELEDA(ヴェレダ) ザクロハンドクリーム 50ml

WELEDA(ヴェレダ) ザクロハンドクリーム 50ml

  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

ハンドクリーム嫌いの方がおすすめするなら使ってみたい!ということで売り場へ。

売り場にあったWELEDAのハンドクリームは3種類。ざくろはいい香りで付け心地も上々。

他の種類もつけてみるとざくろより軽い付け心地のものが!

それが現在使っているヒッポファンフルーティ ハンドクリームでした。

 

テクスチャーは乳液とクリームの間くらい。

香りの印象は柑橘9:スパイシー1、香りも気に入った。リフレッシュできそう。

 

お値段は1,320円。

いつもプレゼントでもらったものやドラッグストアで買ったハンドクリームを使っていた私にとってはいつもより高いハンドクリーム。

その方が無駄にしたくない気持ちから習慣化するにはどうしたらいいか真剣に考えるだろうということで購入!

 

購入したところで、もう一つの要因・塗るタイミングが掴めないについて考えてみる。

まずハードルを下げるために、ハンドクリームを塗るのは1回だけでいいと決める。

 

そしてタイミング。

仕事の休憩中・食事の後にまったりしてる時に塗って、その後にトイレに行くことになり手を洗ってぬるぬるするのが嫌だったなぁ(アホ) 

食事→まったり→歯みがき・トイレ→休憩終了なので、それならば歯みがきセットと一緒にして、トイレの後に塗ればいいんだ!と気づく。

 

そして塗り方も、手のひらや指紋につくのが嫌なので、手の甲同士で塗り広げるようにした。

これが大正解だった。なぜ今までこれをしなかったんだろう?と探ってみると、どうせ塗るなら丁寧にシワの細かいところまで塗った方がいいという考えがあったことに気づいた。

このハードルも下げたことで、こまめに塗れるように。結果、うるおっている。

 

今は柑橘系の香りでリフレッシュしたいがためにいそいそとハンドクリームを塗るようになりました。ひとつ習慣化できてとても嬉しい。