キャラバンは進む

シンプリストの暮らしのあれこれ

苦手な冬を乗り切る 冬の心がけと愛用アイテム

毎日寒いですね。

私にとって1番苦手な季節が冬です。

冬を乗り切るための心がけ(自戒をこめて)と、愛用しているものをまとめてみました。

これで冬を乗り切るぞ〜!


ニットを着る

冬はオンオフ、部屋着もニットを着ています。

お手入れは必要ですが、軽くて暖かく肩がこらないので好き。

毛玉ができたときはテスコムの毛玉クリーナーでメンテナンスしています。

コンセント式なのでパワフルでよく取れる!もう毛玉取りブラシを使っていた頃には戻れません…!



重ね着する

ニットの下に着るのは無印良品の綿であったかインナー

綿93%とやさしい肌あたりでお気に入り。

着ていて暑くなりすぎることもありません。

f:id:yyy_note:20210101154407j:plain


mofuaの着る毛布は、朝晩パジャマの上に羽織っています。

着る毛布はもっと分厚いものもありますが、肩がこらないように軽めのmofuaを選びました。こちらで正解でした!

サイズは動きやすい短め丈がおすすめです。



家事や作業をするときは無印のダウンベスト裏ボア巻きスカートのコンビで。

動きを妨げずに体の中心部をしっかり保温。

巻きスカートはひざ掛けとしても使っています。


快適に過ごせる温度・湿度を確認する

光熱費が高くなる冬はついつい暖房を我慢してしまいがちな私。(貧乏性なもので…)

その対策として無印のブナ材温湿度計で温度を確認し、エアコンを入れるようにしています。

部屋が温まってるほうが翌朝も目覚めやすいしね。


エアコンを使うと乾燥しやすいので湿度も併せて確認。

40~60%が快適な湿度だそう。

panasonic.jp


温湿度計は直感的にわかるアナログが好きです。 www.muji.com


暖かいものを飲む

起き抜けには白湯や紅茶など暖かい飲み物を飲んで、体温を上げるようにしています。

KINTOのTO GO タンブラーは温かい温度が長続き。

ステンレスボトルでも飲み口は鋭くなく、口当たりもいいのでおすすめです。



私はKINTO公式の刻印サービス・MARK IT BY KINTOで刻印してもらいました! markitbykinto.com


飲みすぎには気をつけること


縮こまった体をほぐす

寒いと無意識のうちに体が縮こまってしまいます。

1日の終わりにストレッチポールに乗って、胸を開いてリラックス。



コリがひどいときは中山式快癒器で。

自重でほぐしています。



めぐリズム・蒸気の温熱シートも手軽にほぐれるのでストックしています。 首の後ろに貼って温めます。



ツボを温める

整体の先生に教えてもらった三陰交というツボ。

靴下の上から貼るカイロのミニで温めます。

さらにその上からレッグウォーマーでしっかり保温。

こちらのレッグウォーマーはしめつけが緩く、シルクと遠赤外線糸でぬくぬくです。



特に冷え込む日はこちらのツボにカイロを追加で貼ります。

湯船につかる

夏はシャワーですますことが多いですが、冬は湯船につかるようにしています。

エプソムソルトを入れると末端まで温まり、眠るときも足はぽかぽかです。



暖かい寝床をつくる

無印のあたたかファイバー敷パッドは冬の必需品。

今年インスタでバズってた模様。

私が使用しているのはもう6年目(!)ですが、まだまだふわっふわで下からの冷気を遮ってくれます。

f:id:yyy_note:20210105174832j:plain


アイリスオーヤマの布団乾燥機はもっと早くに買えばよかった!と思うほど。

湿気を吸ってひんやりしたお布団がふっかふかになります。月に2,3回は布団乾燥モードで乾かしています。

特に寒い日はあたためモードで使用。湯たんぽいらず!



冬はがんばらない

冬はこの精神でいきたい(生きたい)と思います。

愛用アイテムの力を借りつつ、なんとか冬を乗り切りたいと思います。

みなさまどうぞご自愛くださいね。