キャラバンは進む

シンプリストの暮らしのあれこれ

犬は吠えるが、キャラバンは進む

The dogs bark, but the caravan goes on.

犬は吠えるが、キャラバンは進む。

 

小沢健二さんのアルバムタイトルで知ったこの言葉は、中東の遊牧民の諺だそう。

 

(直訳)犬が吠えても、隊商(キャラバン)は進む。

(大意)進行を阻むような(くだらない)力が働いても、人生(や自分のすべきこと)は続いてゆく(続けなければならない)。

 

私にとって犬=うつです。

うつが吠えても、私の生活と人生は続いていく。そんな生活や日記をつづる予定のブログです。

 

 

f:id:yyy_note:20210117191432j:plain